投資で勝!いろんな事実!winner

運だけではない事実

投資とは運であるとよく聞くかもしれません。しかし投資とは運だけではないことを知ってるでしょうか?簡単な例をあげるとよく新聞やニュースでも話題になると思いますが株でいうとインサイダーなどの事件があります。こういったことは運ではなく事前の情報なんですね。情報に強い方というのはそれだけで得をするもんです。まずは情報力を磨くために行動してみるということが大事です。いきなり情報力を身に着けるのは大変なことなのでまずは思い立ったことから実行してみましょう。

早めの情報を察知しよう!Information power

ビル

情報を早く入手することでいろんな投資ができます。運だけに頼らず自分の力で投資をしていくことをお勧めします。自分の力とは自分だけの力ではなく仲間との情報交換も力の1つです。投資に関してはここがいい土地なのかなど情報力がものをいいます。どこかにお店を出したいなんていうときだっていい場所なのか?などの情報が必要ですよね。管理人がちょっとした面白い投資をしているのがソーラーシステム投資?です。いい場所にソーラーシステムを設置して売電で利益を得るということなのですが場所も、器具も情報や仲間のつてでお安く購入できました。こういったことも情報力のおかげなんです。ここでは運だけにたよらない投資についてお話していきたいと思います。


相互リンク:内職 アルバイト/

人気サイト紹介:ここで得しました♪差額数十万円!車の査定なら車査定ガイド!利用する価値ありです♪

オンライン英会話

お金を借りるならこちらの借り入れ情報がお勧めです。新しいお金に関する話題が盛りだくさんです。


◆投資は余裕資金で始めることが大切です◆

現在の日本では、貯蓄から投資へという流れがみられます。
確かに、投資というものは、老後への備えなどとして有効なものだと思われます。また、実際に、貯蓄よりも効率的にお金を増やすことができると思われます。でも、安易に投資へと走ることは考えものだともいえます。

投資というものは、あくまでも余裕資金で始めることが大切です。たとえば、半年分の収入分の蓄えがないような状態では、投資はおススメできません。そういった人たちは、まずは貯蓄を増やすことを考えるべきです。そして、余裕資金というものができてから、投資を考えるべきです。

余裕資金ができて投資を始めようと考えた時、まずは、何から始めたらいいのか迷ってしまうと思われます。こういった時には、自分の投資スタイルを決めることが先決だといえます。
たとえば、株式投資の場合、長期保有でその会社が成長することに期待し、そこで利益を出すことを考える人がいます。その反対に、デイトレーダーのように、短期的な売買を繰り返して利益を出すことを考える人もいます。
株式投資を始めるのであれば、これらのスタイルのどちらにするのかを選ぶことも必要です。そして、自分はそのどちらに向いているかも考えたほうがいいでしょう。

また、投資先を一つに絞り込むことは危険だという人もいます。そして、できれば、投資先はいくつかに分散したほうが安全だともいわれていま す。
たとえば、株式に加えて、外貨を所有するといった方法があります。そうすれば、リスクも分散されると考えていいでしょう。

さて、このごろでは、投資信託というものも多く宣伝されています。そして、こういったものは、毎月一定の金額を積み立てていくスタイルが多いです。こういった投資スタイルは、一般的にコツコツ投資だともいわれています。毎月、一定金額を積み立てることは、安い月にはたくさん購入し、高い月には少しだけ購入することになります。そして、気がついた時には、まとまった金額になっていることが多いのです。こういったものも、リスクを分散させるという意味で、お勧めできるものです。

また、外貨預金でも、毎月、一定金額を積み立てるような商品があります。このようなものも、リスクを避けながら、毎月コツコツと積み立てることにつながります。そして、外貨預金をおこないたいけれど、相場変動などのリスクが心配だという人にも向いています。 ただ、外貨を扱う商品の中でも、FXだけは、初心者にはおススメできないです。一口で言えば、これは、ハイリスクハイリターンなものです。そして、上級者でないとリスクが大きいといえます。


◆為替市場と株式市場の特徴◆

将来のお金は自分で貯めるという意欲的な人が増えているのは、それだけ今の投資市場に注目が集まりだしているからです。
それでは投資といえども具体的にどういうものがあるのでしょうか。
まず為替市場での投資ならFX、外貨預金で、株式市場での投資なら、株、投資信託などがあります。
他にも投資市場は金や不動産など多岐にわたりますが、誰もが耳にしたことがある投資市場というと為替と株式なのではないでしょうか。 それではそれぞれの投資市場の特徴とは何でしょう。

まずFXや外貨預金などの為替市場ですが、これは一ドルいくらといったふうに二国間の為替差益により、取引をすることで得られる利益です。
一ドルいくらといったふうにはよく聞きますが、それでは利益が出る相場とはどういうものでしょうか。
それは一ドル120円で、ドルを購入したのなら、一ドルが130円になったら一ドルにつき10円の利益になりますし、逆に一ドル110円になったら一ドルにつきマイナス10円の損益になります。なので一般的には円安傾向であれば利益になりやすいのです。
しかし、FXや外貨預金にはスプレッドや手数料があるのでそれ分以上の価格にならないと利益が出ないので注意です。
また、FXには売却から入ることで得られる利益もあります。 その場合、一ドル120円で、ドルを売りから入ったのなら、一ドルが130円になったら一ドルにつき10円の損益になり逆に一ドル110円になったら一ドルにつき10円の利益になりるというふうに反対になります。

次に、株式市場ですがこれは株式で運営されている会社の株が投資対象です。 誰もが知っているような有名な企業ほど一株あたりの価格は高く、また100株からなどという条件があります。
逆に新規参入した会社であれば株が安く、購入しやすくなります。

株式市場は、株や投資信託で投資を行う人も多くいて為替市場より値動きが大きいことと、それ分利益が大きくなりやすいのが特徴的です。 なぜなら株式では価格更新は日単位で、為替市場のように毎秒というわけではなくて、それだけ大きな値動きになり、利益も損益も膨らみやすいのです。けれど為替市場と為替市場をくらべてどちらがリスクが高いとも言い切れません。というのは、いずれにしても投資で大切なのは資金の自己管理だからです。
基本的に投資をしているのなら一日に一回以上の価格確認と情報収集は必須です。 これを怠るとすぐ損益に傾きやすいですが、気を逃さない投資をするのならどちらの投資市場であってもチャンスになるのです。


◆インデックス投資の長期運用がおすすめ!

投資というとなんかバクチのような感じで貯蓄意外はしませんなんて人いませんか?
まして昔から株にだけは手を出すななんて言われることが多かったので投資なんて飛んでもない!と言う人。実はこれって少し前の私です。
そもそもそんな欲をかくから損するんだよねって思ってました。
自分だけは騙されないぞ!なんてね。そんな私が今はインデックス投資をいたしております。でも本を読んで勉強はしましたが、人には誰にも相談していません。もちろん金融機関、特に銀行や証券会社には相談していません。そもそも銀行や証券会社は株や投資信託の売買手数料で儲けていますので投資家が儲かろうが損しようが、売買してくれればよいという商売なんです。とにかく投資家に売らせて買わせればいいのです。
一方の投資家はと言えば、分散して長期に投資することでリスクを軽減できますから、いろいろな角度でリスク分散しかつ長期に保有することで損をしにくくなるのですから金融機関と投資家はそもそも利害が対立します。そんな金融機関に相談などしたら「鴨がネギしょってやってきた」状態になります。自分でコツコツ勉強するのが一番ですよ。

そんな私がおすすめする投資はインデックス投資と言われる投資信託です。
インデックス投資とは何かというと、たとえば日経平均株価に連動するインデックス投資信託なら日経平均株価の動きと同じ動きをするように株を買う投資信託ということです。
一つの会社の株を買うのとは違って日経平均株価の対象になっている全部の会社の株を買うことになるのでリスクは分散できます。それを長期で持てば、大きな考え方としては日本経済全体が成長すれば必ずインデックス投資信託も伸びます。
これに日本を除く世界先進国のインデックスを組み合わせて買えばさらにリスク分散できます。一つの会社の株を買ってその会社が伸びた時に比べると儲けは少ないですが損する確率も減りますのでおすすめです。
そしてこれらのインデックス投資信託はSBI証券や楽天証券やマネックス証券などのネット証券で買うのがいらないアドバイスなどなくて一番自由でいいと思います。
でもそんなにリスクとリターンのバランスの良いインデックス投資を大手証券会社がなぜすすめないかというと証券会社が儲からないからです。
それは主なインデックスの投資信託はノーロードと言って売買手数料が無料のものが多いので、手数料で儲けようとする証券会社にとっては他の儲かる投資信託をすすめることになるのです。
インデックス投資も投資には変わりありませんのでもちろん損することもあります。

一度自分でもインデックス投資信託を調べてみてください。そして自分で納得できたら買ってみたらいかがでしょうか。