投資の成功と失敗

2012-11-14

自分のお金は自分のものですから、自分で自由に使うことができるはずです。
しかし現実には、家族や自分のまわりの人との付き合いの関係もあり、
自分の思いのままにすべてのお金を使うことは難しいといえるでしょう。
ただ自分のお金として保管しているのであれば、
一応便宜上としては、すべて自分が責任を持つ必要があるのです。

 

 

これは貯金がたくさんある場合にはもちろんのこと、
借金がある場合にも言えることです。
誰の名前で借金をしているかによって、
その人にすべての責任が問われるのです。
投資で成功すれば将来も安心ですが、
逆に失敗してしまえば
近い将来さえ暮らしていくのが
困難になってしまうかもしれません。

 

相続を群馬で検討している人も、このことはしっかりと覚えておきましょう。
なぜなら相続はお金がマイナスでもプラスでも関係ないのです。
相続というとお金や不動産、価値のある骨董品などを
受け取るイメージがありますが、それらがすべて良いものとは限りません。
借金があれば受け継がなければいけないですし、急きょ取り壊しが必要な
危険な物件があるような場合には、その費用も支払わなければいけないのです。
投資は自分だけの問題ではなく、自分の家族やまわりにも
影響を与える可能性があります。
そのことを十分踏まえたうえで、管理できる分の投資を行うことが重要です。