不動産投資とは

2012-05-12

不動産投資とは、アパートやマンションなどの不動産を所有し、その家賃収入を得て、資産形成していくことですが、不動産を買う=バブルというイメージがまだ根強くありますよね。

ただ、この先の将来に対する不安が大きい時代に、不動産投資という投資方法もその不安を解消する一つの方法だと思います。

株や為替に投資するのはハイリスクな一方、よい不動産物件さえ手に入れれば、毎月安定した家賃収入が見込める不動産投資は、見方によってはかなり堅実な資産運用だと言えます。

不動産を買うことに抵抗がある人はまだまだ多いと思いますが、老後のことを考えると、受け取れる年金にしても、その数字が目に見えて減っていくのは明らかで、自分たちで何とかしたほうがいいではなく、何とかしなければならない時代になったということですよね。

特に今の若い人は年収が低くて、将来年金をもらえる見込みもないからと将来を諦めている人もいると思いますが、そうではなく、不動産投資のようにアイデアや見方ひとつで、未来への価値を高める方法があるということを考えてほしいと思います。

生命保険や個人年金と同じように、もっと真剣に不動産投資について考えてみる時にきているのかもしれませんね。