Archive for the ‘不動産投資’ Category

利回りについて

2012-05-13

不動産投資ではよく「利回り」という言葉が使われますが、「利回り」とは、支出に対する利益率のことを言い、表面利回りと実質利回りの大きく2つがあります。
表面利回りとは、投資する不動産の年間家賃収入を、物件価格で割った数字になります。

但し、不動産投資会社への委託手数料や固定資産税などの税金のほか、修繕費用なども含んだ計算になります。
実質利回りとは、表面利回りに税金や手数料、修繕費などを差し引いて計算した利回りです。
どちらの「利回り」も高い方がもちろん利益は高いのですが、それだけリスクも高いことになります。
不動産投資は、一般的に 「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資と言われていて、魅力も多いのですが、投資には変わりないので、リスクがないわけではありません。

少子高齢化傾向にある現代は、公的年金と貯蓄だけでは、今後の老後生活に不安が残るので、不動産投資をして、マンションやアパートを購入し、定年までにローンを完済し、老後に支給される公的年金だけでなく、安定した家賃収入を得ることができると安心です。
早いうちから、不動産投資の知識を得て、リスクについても納得したうえで、老後の安定した生活のために失敗のない不動産投資が出来るといいですよね。

不動産投資とは

2012-05-12

不動産投資とは、アパートやマンションなどの不動産を所有し、その家賃収入を得て、資産形成していくことですが、不動産を買う=バブルというイメージがまだ根強くありますよね。

ただ、この先の将来に対する不安が大きい時代に、不動産投資という投資方法もその不安を解消する一つの方法だと思います。

株や為替に投資するのはハイリスクな一方、よい不動産物件さえ手に入れれば、毎月安定した家賃収入が見込める不動産投資は、見方によってはかなり堅実な資産運用だと言えます。

不動産を買うことに抵抗がある人はまだまだ多いと思いますが、老後のことを考えると、受け取れる年金にしても、その数字が目に見えて減っていくのは明らかで、自分たちで何とかしたほうがいいではなく、何とかしなければならない時代になったということですよね。

特に今の若い人は年収が低くて、将来年金をもらえる見込みもないからと将来を諦めている人もいると思いますが、そうではなく、不動産投資のようにアイデアや見方ひとつで、未来への価値を高める方法があるということを考えてほしいと思います。

生命保険や個人年金と同じように、もっと真剣に不動産投資について考えてみる時にきているのかもしれませんね。